膀胱と腎盂に細菌が浸入して排尿痛などの症状を引き起こします

尿道から細菌が進入して炎症を引き起こし、下腹部痛や残尿感などの症状が現れる膀胱炎は成人の女性の多くが一度は悩まされたことがある病気です。

女性が感染しやすい理由は、男性に比べて尿道が短いため、細菌が膀胱に入りいことと、肛門と膣の距離が近いため、生理やセックス、妊娠などによって大腸菌に感染しやすいためです。

膀胱炎の症状をそのまま放置していると、細菌が尿管を遡り腎臓にある腎盂(じんう)という場所に炎症を引き起こします。これが腎盂腎炎です。

腎盂腎炎には急性と慢性がありますが、急性の場合は発熱、腰痛、背部痛、排尿痛、食欲不振などの症状が現れ、慢性の場合は全身倦怠感や微熱、食欲不振などが見受けられます。

膀胱炎や腎盂腎炎の治療の中心は抗生物質

これら2つの尿路感染症を予防するためには、細菌との接触機会を極力減らすことが大切です。具体的には水分をこまめに摂取することで、尿と一緒に細菌を体外に排出する機械を増やすこと、トイレを我慢しない、大腸菌が尿道口に付着しないようにトイレットペーパーを使うときは前から後に拭くなどです。

体に備わっている免疫力が低下すると感染への抵抗力が弱まるため、下腹部を冷やさないようにしたり、ストレスを解消したりすることも必要です。また仮に感染しても膀胱炎の段階で早期治療を行えば、腎盂腎炎に進行することは予防できます。

細菌が原因で発症した膀胱炎の治療は、抗生物質や尿路衝動約が使用され、腎盂腎炎には抗生物質や抗菌薬、消炎鎮痛剤が処方されます。症状が治まったからといって自己判断で服用を中止するのは危険です。膀胱や腎盂内に残った僅かな細菌が薬への耐性をつけて再び増殖する可能性があるため、処方された薬はキッチリと飲みきりましょう。

症状の改善が見られない場合には、抗生物質がその細菌に効いていないということなので医師に相談して、違うタイプの抗生物質に変更してもらいましょう。慢性腎盂腎炎では腎結石などのほかの病気があることも多いので、その原因を見つけて治療を行います。

 

Copyright 2014 www.ntt-tokaihosp.jp All Right Reserved.