淋病を放置すると感染が子宮や卵管にまで進む恐れがあります

淋病は婦人科で診察する性病の代表格で、セックスを介して淋菌に感染することで発症します。感染してから数日後に外陰部の痒み、おりものの量が増えるなどの症状が現れたり、オーラルセックスで喉の粘膜から感染した場合には喉の痛みや咳などの症状が出ることがあります。

しかし、女性の場合は症状が出にくいことが多く、感染に気付かないままそのまま放置していると、子宮の奥や卵管にまで感染が進行し、不妊の一因となる子宮内膜症、子宮頚管炎、卵管炎などを併発するリスクがあるので注意が必要です。

また、患部の膿が肛門周囲に接触すると肛門直腸炎を引き起こすこともあります。妊娠中に淋病に感染してしまうと、分娩時に新生児に感染し結膜炎から最悪、失明することもあります。

自覚症状がないことから本人は勿論、パートナーへ感染させてしまったり、慢性化して不妊につながることがあるため、おりものなどに異変を感じたらなるべく早く婦人科のある医療機関(男性の場合は泌尿器科)で診察を受けるようにしましょう。

男女とも淋病の治療は抗生物質(テトラサイクリンやペニシリンなど)で行い、進行が進んで卵管炎などを起こしている場合はその治療も行います。淋病は他の性病よりも症慢性化しやすいので、「もうこれで治った」と勝手に判断しないで医師の指示に従い治療を根気よく行うことが完治につながります。

 

Copyright 2014 www.ntt-tokaihosp.jp All Right Reserved.