子宮内膜症は月経痛、腰痛、不正出血などの症状が現れます

赤ちゃんを宿し育てる子宮の内側は粘膜(子宮内膜)で覆われていますが、この子宮内膜が本来存在する子宮以外の場所で増殖するのが、近年若い世代の患者が増え、流産や不妊症の原因ともなっている「子宮内膜症」です。

この病気になると、子宮内膜組織が月経で体外に排出することができなくなるため、体内に血液が溜まり、月経痛や腰痛、性交痛、不正出血などの症状が現れます。発症の詳しいメカニズムは解明されていないため、現代医療では確実な予防法は確立されていません。

30〜50歳の女性に多く、成人女性の4人に1人が罹るとされているのが子宮の筋肉に良性の腫瘍ができる「子宮筋腫」です。子宮筋腫はその発生場所や大きさによって、月経困難や過多月経、不正出血、便秘、貧血などの症状を引き起こします。

子宮におきるがんは子宮体部に発症する「子宮体がん」と子宮頚部に発症する「子宮頸がん」の2つのタイプがあります。さらに子宮体がんは子宮内膜に発生する「子宮内膜がん」と、子宮の筋肉に発生する「子宮肉腫」に大別されますが、その95%は子宮内膜がんです。

子宮内膜は2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の働きによって、増殖と剥離のサイクルを繰り返しているため、子宮内膜に少々の異常細胞が発生しても、月経で体外に輩出されるため、子宮内膜がんは起こりにくい状態にあります。

しかし、無排卵となる更年期世代、あるいは月経不順によってホルモンバランスが崩れると子宮内膜が体外に排出されずに増殖して「子宮内膜増殖症」という病気になることがあります。まれに内膜細胞の異型を伴うこともあり、その20%程度が子宮内膜がんに進行するとされています。

一方、子宮頸がんは30〜40歳と比較的若い世代に発症するがんで、その原因は性交渉を主とする粘膜の接触によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)にあります。HPVはセックス経験のある女性のほとんどに感染経験があるとされていますが、健康な人は免疫力によって、ウイルスを排除するためがんの発症に至らないのです。

初期の子宮頸がんは自覚症状がほとんどありませんが、進行すると性交痛、不正出血などがおこります。日本では最初の性交渉を持つ年齢が10代後半〜20代前半と早くなる傾向にあり、それに従いHPVに感染する年齢も低くなっています。そのため若い世代から子宮頸がん検診を定期的に受けることが重要となります。

子宮頸がんはワクチンやウイルスで感染予防ができます

子宮内膜症や子宮筋腫は発症の原因が明らかになっていないため、具体的な予防方法はありませんが、子宮頸がんはHPVの感染でリスクが高まることがわかっていることから、ワクチンの予防接種が行われるようになりました。子宮体がんは、閉経後に脂肪細胞から作られるエストロゲンというホルモンが発祥にかかわっていることが多いとされており、肥満を避けることが発症の予防となります。

子宮内膜症の治療は、患者の年齢、痛みの程度、将来の妊娠の希望の有無などの要素を総合的に考慮して決められます。焼く物理量では子宮内区の増殖を抑える薬や痛みを抑える薬が使用されます。

外科的治療では、腹腔鏡によるレーザー手術が増えており、子宮内膜症の組織を焼灼して除去したり、血液が卵巣内に溜まって腫れるチョコレートのう胞の摘出を行います。

子宮筋腫はホルモン療法や外科手術(子宮の一部もしくは全部を摘出)による治療が行われますが、近年は超音波を使用したり、子宮への血管を塞栓して子宮筋腫を小さくする方法も登場しています。

 

Copyright 2014 www.ntt-tokaihosp.jp All Right Reserved.